HOME>トピックス>歯並びが気になるならば歯医者通いをしよう

治療と改善策

歯科矯正

矯正歯科では、治療開始の際に矯正装置やワイヤーの装着に違和感が出ていないか、都度治療の進み具合を見てくれます。京都の矯正歯科の中には、小児矯正治療において『不正咬合』の原因になりやすいといわれる舌のクセを改善させることも担うといいます。高齢者や、加齢が気になる女性患者さんには、口周りの筋トレを行うなど、健康美を意識した治療、改善、ケアに努めてくれます。

通いやすさ

親子

京都の矯正歯科であっても、治療期間が長くかかるものです。歯を動かす『動的治療』と、頻度よく通う必要のない『保定装置』の期間があります。治療が終わってからも定期的なメンテナンスは大事なのですが、終わった安堵感から定期的に通わなくなる懸念もあります。ですから、衛生士などのスタッフはコミュニケーションを密に図ることに努めているワケです。

成長を促す

小児向けの矯正歯科が京都では注目されています。子どもの成長に直結するのが噛む力、それを改善させるだけなのに、口周りの筋肉が発達して表情豊かになるといいます。歯を見せた笑顔、口角までが自然に引き上がるといいますし、子どもの頃に治療するほうが費用も時間もかからないようです。

虫歯や口臭予防になる

矯正歯科での治療は、主に歯並びをきれいにする見た目を意識できますが、京都には魅力ある食文化が根付いていることもあり、『よく噛める』健康を意識した治療を行うといいます。しっかり噛める噛み合わせ、これを正常にする治療が受けられるようです。噛むことは小児や高齢者の場合には、消化吸収に関与する内容です。矯正歯科での治療により、噛む力のバランスを均等にさせることができ、胃腸のトラブルまでが改善されるといいます。また、噛むことで消化酵素を含む唾液も出てくるので、虫歯リスク、口臭予防にもなり得るようです。

広告募集中